当園について

-幼児教育への想い-


幼稚園は、子どもが初めて出会う社会の入り口です。

3歳になると子どもはまわりへの興味や関心、人とのつながりなどが急速に広がり、親への全面的な依存の状態から自立に向かい始めます。幼稚園はこのような発達をふまえて、初めての集団生活の中で、一人一人の良さや可能性を伸ばしていくところです。

また幼稚園は、子どもにとって最初の<学校>でもあります。

といってもいきなり小学校のような授業をするわけではありません。

幼稚園では、まず遊びを大切にした教育を行っています。子どもたちは遊ぶことが大好きです。この時期に思い切り遊ぶことで、その後の学びや創造性が豊かになると言われています。

宮上幼稚園では、子どもたち一人一人が主役です。

どの子にも、必ずその子だけの素晴らしい個性があるはずです。私たち宮上幼稚園スタッフは、その個性を豊かに育むためサポートを行います。